酵素(タンパク質からできているので、70℃をこえる熱により活性を失うという性質があります)ジュース(カロリーの他に、添加物にも注意した方がいいでしょう)の飲み方のコツ、ポイントとして以下の3つがあります。 ・朝に飲むこと ・お腹が減っている時に飲むこと ・生の野菜や果物を皮ごと使用する これら3つです。 まず、酵素ジュース(野菜ジュースを手作りするのは健康にいいといわれています)を朝に飲むということですが、それは朝が大切な排泄の時間帯であるためです。 朝に酵素ジュースを飲めば、酵素の力が消化を助けて、排泄を促してくれます。 その上、ブドウ糖や果糖といった脳の栄養になる成分を含んだ果物のジュースを飲むことで、朝から脳の働きを活発にしてくれるでしょう。 次に、空腹時に飲むということですが、満腹時に飲むと消化の妨げになってしまうためです。 充分な効果が手にできるように、胃が空っぽのときに飲むように心掛けてください。 最後に、生の野菜や果物を皮ごと使用することについてなのですが、それは酵素には加熱すると壊れてしまう特徴があるためです。 生の野菜や果物にこそ、酵素(不足しがちな酵素を補うために、万田酵素や大高酵素、玄米酵素などが売られています)はたっぷりと含まれているので、加熱処理されているものは使用しないようにしましょう。 また、皮ごと飲むことで、より多くの酵素(不足しがちな酵素を補うために、万田酵素や大高酵素、玄米酵素などが売られています)を摂取することができるので、よく洗ってから使うようにしてくださいー